« ベトナム国内で拡大・増殖中の「経済圏」 | トップページ | ベトナムで法人税減税:ベトナム経済の展望(1) »

2014年1月 8日 (水)

ダナン再訪:快適な気候を満喫

ダナンに1月6日から戻ってきた。ダナン大学日本センターの設立準備、最終の打ち合わせが目的である。ダナン工科大学の学生募集が終わり、日本語コースの講義を始める直前である。設立運営のスポンサーとなって寄付金を賜る企業の方々もお越しになっており、その対応をしなければならない。

この季節、ダナンは非常に快適。日本で言えば、10月頃の青空が広がる爽やかな季節である。昨年のダナンは台風到来で悩まされたし、年末は寒かったということもダナンの知人から聞いたが、新年を迎えて暑くもなく寒くもない。日本の寒さに悩まされていた私にとって、まさに「天国」である。いろいろなストレスも解消できる。

約1か月ぶりにダナンに戻ったが、馴染みのコーヒー店では、私が注文する定番の「カフェ=サイゴン、コン=ドゥオン」(アイスコーヒーの砂糖なし)を覚えてくれていた。これは嬉しいのだが、そうでないとしても、外国人旅行者の孤独を感じることが新鮮である。

ハノイやホーチミン市に比較して自動車やバイクは多くないので、空気は汚染されていないし、両都市と同じものはほとんど何でも調達できる。これはロッテマート、BigC、METROといった大型ショッピングセンターのおかげである。

ダナンの魅力、もっともっと日本の人々に知ってもらいたいと思う。

|

« ベトナム国内で拡大・増殖中の「経済圏」 | トップページ | ベトナムで法人税減税:ベトナム経済の展望(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/54526966

この記事へのトラックバック一覧です: ダナン再訪:快適な気候を満喫:

« ベトナム国内で拡大・増殖中の「経済圏」 | トップページ | ベトナムで法人税減税:ベトナム経済の展望(1) »