« 「関西村」への道(2):ドンナイ省は工業団地の集積地 | トップページ | 「関西村」への道(4・完):皆で海外進出すれば怖くない »

2013年12月 8日 (日)

「関西村」への道(3):関西村はどこにある?

ロンドウック工業団地の総開発面積は270ha。写真のように、ともかく広大である。その中から「関西村」を探すのは大変なことだと思われたのだが、それは大丈夫。事前に運転手が道順を聞いてくれている。Cimg2584写真上は、工業団地の管理棟。日の丸と金星紅旗の国旗の両立が嬉しい。ここに日本料理店「隆徳」も入居している。Cimg2586写真上を見れば、空地が多いように思われるが、今や満杯となったハノイのタンロン工業団地の1999年当時も同様であった。「これは失敗」と思われたことが、その後に大成功に転じる。このような予想を翻す主要な要因は、ベトナム経済の高い成長力であると言いうる。Cimg2611「関西村」は「貸し工場」にあると聞いていたが、上記の写真がそうである。この中に、以下の看板が立てかけてあった。どうも、ここが「関西村」らしい。Cimg2612
この「貸し工場」は、実験的・試行的な工場のことを意味する。すなわち、とりあえず賃貸の小さな工場で小規模に生産を開始してみて、それが成功しそうなら、もっと大きな工場を借りたり、自社で工場を建設したりする。このような海外生産の過程は、初期投資のリスクを最小限にするために有効である。

|

« 「関西村」への道(2):ドンナイ省は工業団地の集積地 | トップページ | 「関西村」への道(4・完):皆で海外進出すれば怖くない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/54042891

この記事へのトラックバック一覧です: 「関西村」への道(3):関西村はどこにある?:

« 「関西村」への道(2):ドンナイ省は工業団地の集積地 | トップページ | 「関西村」への道(4・完):皆で海外進出すれば怖くない »