« ベトナム3か月間:ベトナムの治安 | トップページ | ベトナム3か月間:意外な会食のお誘い »

2013年12月19日 (木)

ベトナム3か月間:ベトナムの珍味

写真下は「ウズラ玉子」であるが、日本の「ゆで玉子」とは少し(かなり)違う。Cimg2735孵化する直前の玉子をボイルしている。ハノイでは「チュン=ヴェット=ロン」という名前で、もっと大きいニワトリの玉子を食べたことがあるが、ホーチミン市では初めてである。

普通のゆで玉子よりも栄養があるとベトナムで言われているが、その根拠が不明である。玉子の中の成分が変化するとは思われないからである。孵化直前の玉子が、人間の体内により吸収しやすいということなのだろうか?

ちょっと苦みのある味が特徴であり、私の味覚の許容範囲である。おそらく「サザエの壺焼きのワタ」を食べることができる日本人なら、これは同様の「珍味」となるであろう。ただし私も、わざわざ日本で食べたいとは思わない。

|

« ベトナム3か月間:ベトナムの治安 | トップページ | ベトナム3か月間:意外な会食のお誘い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/54250130

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム3か月間:ベトナムの珍味:

« ベトナム3か月間:ベトナムの治安 | トップページ | ベトナム3か月間:意外な会食のお誘い »