« 東京でお目にかかりましょう | トップページ | 重ねて恐縮です:亀田製菓さま »

2013年12月 3日 (火)

ホーチミン市における関西プロモーション

11月16日と17日に「日本フェスティバル」がホーチミン市で開催されたと紹介したが、そのなかで「関西:KANSAI」が目立っていた。Cimg2427「関西地域振興財団」が中心となって、ベトナム人に関西の魅力をアピールするという趣向である。http://www.kansai.gr.jp/foundation/ja/

特に「食べ物」が中心の紹介であったが、写真だけでは実感が伴わない。ここは「たこ焼き」や「お好み焼き」を登場させるのが正攻法だと思われるが、日本からの出店は難しい事情があると想像される。Cimg2426_9それなら、地元ホーチミン市の日本料理店と連携した出店をすればよい。関西のブースから少し離れた場所で、地元の日本料理店が「たこ焼き」を販売していたが、なかなかの人気であった。今後、関西のイメージを眼と舌で相乗的に印象づけることが効果的であろう。

また、北海道からのブース出店もあったが、釧路の「折り紙」に人だかりができていた。折り紙で「鶴」を折ってプレゼントするのだが、こういった体験型の出店もベトナム人の若者にアピールする。Cimg2419単に印刷物を配布するだけではなく、具体的に何か得する出店がベトナム人にウケるコツであるように思われた。

|

« 東京でお目にかかりましょう | トップページ | 重ねて恐縮です:亀田製菓さま »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 初めての株 | 2013年12月25日 (水) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/54002199

この記事へのトラックバック一覧です: ホーチミン市における関西プロモーション:

« 東京でお目にかかりましょう | トップページ | 重ねて恐縮です:亀田製菓さま »