« 東京商工会議所江戸川支部で講演 | トップページ | ベトナム3か月間:ダナン工科大学 »

2013年12月13日 (金)

ベトナム3か月間:ダナンのホテル

ダナンのホテルの看板が、約1ヶ月半ぶりに新しくなった。10月13日の台風で壊れて、その翌日に取り外されていた。以下が破壊直後、その次が新装後である。微妙に文字最後のの位置が異なっている。Cimg0711このホテルは1★ホテル。長期の割引き料金で1泊が28万ドン(約14ドル)である。昼食は含まれていない。しかし出張が多かったために実質的な荷物置き場となっていた期間が3週間くらいある。Cimg2804このホテルの直訳は「労働組合ホテル」。国営ホテルである。長く住んでいると、従業員と一緒に夕食を食べることもある。Cimg2797_3鶏肉・豚肉・野菜そして小粥と出てくる豊富な食生活。そしてビールも飲もうということになる。なかなかの贅沢である。さらに生ニンニクの皮をむいてポリポリと食べるのに驚いた。日本産や中国産と違ってベトナム産は小粒である。

左端が、私が日本語を教えているズイくんのお母さん。もう20年以上、このホテルで働いているそうである。その右側の女性はハノイ出身で、ブンチャー専門のホテル内の朝食レストラン(1食3万ドン)の担当者である。昼間の暇な時、熱心に刺繍をしている。右端は、ニンニク=ポリポリの男性で彼も15年以上働いている。このホテル、なかなか家族的な雰囲気で落ち着ける。




|

« 東京商工会議所江戸川支部で講演 | トップページ | ベトナム3か月間:ダナン工科大学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/54097253

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム3か月間:ダナンのホテル:

« 東京商工会議所江戸川支部で講演 | トップページ | ベトナム3か月間:ダナン工科大学 »