« ホーチミン市における関西プロモーション | トップページ | 開放的なホーチミン市の象徴 »

2013年12月 4日 (水)

重ねて恐縮です:亀田製菓さま

昨日に続いて、ホーチミン市の「ジャパン=フェスティバル」の出来事である。ハノイで見つけた亀田製菓の新製品YORIについては、すでに本ブログで紹介した(10月30日)。Cimg2405_2ホーチミン市で偶然に再会した。感激して声を掛けると、何とベトナム副社長の大塩さんが対応して下さった。私のブログを読んで頂いていて、「先生の指摘通り、塩分を少し減らしました」と言われた。これには恐縮である。Cimg2407なお、このYORIの命名は、「縒りを戻す」ではないかと私は推理したが、実際はベトナム人社長が日本語らしい語感として思いついた造語だそうである。私の友人の「頼さん」(兵庫県立大学教授)のお土産にしてもよいな・・・。Cimg2461現在、生産が追いつかずに、ハノイから次第に販売を拡大しているそうである。「BIG Cなど大手スーパーで販売しないのですか?」と質問したが、そこでは納品が遅れると罰金があるそうである。したがって生産体制が整ってから販売交渉するとのことであった。この意味で、ホーチミン市でも試供品の配布だけであり、販売はしていない。

YORIと同時に亀田製菓の定番商品「柿の種」も試食できた。こうなると、私は「ビールはないんですか?」と当然のように口をついて出た・・・。勝手な放言で再び恐縮である。なお、ダナン市内の小売店でもYORIを見かけた。包装も印象的で好感がもてる。

|

« ホーチミン市における関西プロモーション | トップページ | 開放的なホーチミン市の象徴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/54002536

この記事へのトラックバック一覧です: 重ねて恐縮です:亀田製菓さま:

« ホーチミン市における関西プロモーション | トップページ | 開放的なホーチミン市の象徴 »