« ベトナムの銀行口座とATM(1) | トップページ | ハノイの夕陽:初めての光景 »

2013年11月12日 (火)

ベトナムの銀行口座とATM(2・完)

テコム銀行の口座開設は簡単でパスポートがあればよい。ベトナムの住所も記載するが、ホテルの住所でもよいと思われる。銀行のキャッシュカードも作ってもらうことにして、それには数日が必要である。しかし旅行中なら待てないことがある。その場合、何ヶ月後でも保管しておいてくれて、その次の旅行時には受け取ることできる。

このカードの暗証番号は6桁。密封した銀行指定の番号をくれて、それを初回のATM取引時に自分の任意の番号に変更する。なかなか厳密である。

テコムバンクのダナン支店で、他銀行に振り込みや円口座からドン口座に変更したり、米ドルの現金をドン建てで預金したりもした。すべて問題なかった。窓口の女性とは顔なじみになったが、新人とベテランで知識量(英語力も含む)がまったく異なることもわかった。Cimg075910月のダナン来襲の台風でATMが破壊(写真上)された。その日はダナンの大手銀行HSBC銀行も終日閉店であった。銀行機能のマヒであり、日本なら大問題だが、新聞は死者や家屋の倒壊は報道しても、銀行のマヒ状態は無視のようである。Cimg0767このようなATMの中で、ドンア(DONG A)バンクのATMの管理は注目された。台風の前にATMを保護するために写真上のようにシーツで包んでいる。このような対応をしていた銀行ATMは、同行だけであった。

このようなATMの管理姿勢を見ていると、どうもダナンでは、ドンア銀行が有力なようである。店舗数もATM数も他行より多いような気がする。頭取が地元ダナン出身ではないかと想像してしまう。 

ハノイやホーチミン市に比較してダナンは、全体として銀行の仕事量が少なく、職員の習熟度も劣っているように感じる。また、銀行間でも経営管理やサービスに相違があって当然である。ベトナムにおける銀行=金融機関の経営に関する本格的な研究調査は寡聞である。これは、非常に興味深い研究テーマになりうる。

|

« ベトナムの銀行口座とATM(1) | トップページ | ハノイの夕陽:初めての光景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/53811083

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの銀行口座とATM(2・完):

« ベトナムの銀行口座とATM(1) | トップページ | ハノイの夕陽:初めての光景 »