« タインホア省「トースアン空港」の優位性 | トップページ | ベトナムの銀行口座とATM(1) »

2013年11月10日 (日)

ダナンで日本語を教えている!!

ダナンで10月からベトナム人に日本語を教えている。といっても、私に日本語教師の資格はないので、正確に言えば、日本語の会話練習をしている。

相手はホテル従業員の息子・ズイ君(右から3人目)、そしてその友達・ハウさん(右端)。ズイ君のお姉さん(左端)は日本語でなく英語での会話である。右から2人目は喫茶店の従業員である。Cimg1584ズイ君はダナン経済大学の3年生、お姉さんも同大学を卒業して日本留学を希望。ハウさんは医薬大学で看護師の勉強をしている。ズイ君とハウさんが、ダナンの「さくら日本語学校」で日本語を勉強する同級生。こういう関係である。Cimg1586「さくら日本語学校」の教科書を持ってきてくれたが、「ひらがな」は何とか理解できるが、漢字が難しいという話題になった。そこで日本語は「非常に難しい」という表現には、「とても難しい」「かなり難しい」「ずいぶん難しい」「大変難しい」など類似表現がある。ベトナム語で「非常に難しい」は「コー・ラム」だけでしょう。だから日本語は「難しい」と説明をした。Cimg1589このような日本語の教育方法が適当なのかは不明だが、ゆっくり話すことに心がけていて、また私もベトナム語を教えてもらっている。そして何よりも、ベトナム人学生の考えていることが理解できる。そしてハウさんからは、ベトナムの看護師制度を教えてもらっている。

2人とも日本語検定N5を未取得。日本語の勉強を始めたばかりである。ダナン外国語大学日本語学科の同級生ならN3は取得しているだろう。しかし彼らは経済学や看護学を勉強しているのだから立派なものである。この「私設・日本語教室」については続報する。

|

« タインホア省「トースアン空港」の優位性 | トップページ | ベトナムの銀行口座とATM(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/53786413

この記事へのトラックバック一覧です: ダナンで日本語を教えている!!:

« タインホア省「トースアン空港」の優位性 | トップページ | ベトナムの銀行口座とATM(1) »