« 情報管理論:情報とお金の考え方 | トップページ | ホーチミン市で日本フェスティバル開催 »

2013年11月18日 (月)

ベトナムの犬たちの生活(続)

ベトナムの犬たちの生活は悲惨だ。本ブログ掲載後、このような意見を頂戴した。

散歩できる犬は幸せだが、多くの犬はバイクに連れ回されている。鎖につながれたままのストレスの溜まった犬たちもいる。また路上をさまよう野犬もいる。それにもかかわらず、犬を飼う人は着実に増えていると思う。Cimg2350犬の食事も、塩分が多いのだろうと思うし、けっしてベトナムの犬の生活は幸せではない。また飼育できないとなると捨てる。現実は、そういうことなのだろうと思う。

現実を直視すれば、嫌になることは多々ある。多数の人々は、現実を見ないようにして、または現実に慣れてしまって精神の平穏を保っている。Cimg2374かわいそうな犬を見たくないという感情と、何らかの解決のためには現実を直視しなければならないという理性。この2つの葛藤は、ベトナム全体に対することを言っているような気になる。ベトナムに感情移入してしまって、不都合なベトナムの現実を直視することから回避する自分・・・。

こういう自分を自省する必要を想起させてくれる。たかがベトナムの犬の話だが、私にとって自省的な話である。

|

« 情報管理論:情報とお金の考え方 | トップページ | ホーチミン市で日本フェスティバル開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/53871065

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの犬たちの生活(続):

« 情報管理論:情報とお金の考え方 | トップページ | ホーチミン市で日本フェスティバル開催 »