« ロータス投資運用会社で働く人々 | トップページ | ハノイの恋人:ボンちゃんと再開 »

2013年11月 5日 (火)

ハノイの高速道路と空港が連結:日本のODA

日本のODAによるハノイとホーチミン市を中心としたインフラ開発が加速されている。それに続いて韓国のODAも顕著であるが、日本は圧倒的である。Cimg1536写真は、日本の円借款によるハノイ・ノイバイ空港と高速道路を連結する「日越友好橋」である。名前を「ニャッタン橋」と呼ぶ。いつも走行中の自動車の車窓から見るだけで、なかなか写真撮影できなかった。Cimg1531今回は、たまたま自動車事故による渋滞中のために車窓から撮影できた。念のために、けっして橋が崩落しているのではなく建設中である。Cimg1522日本の三井住友建設などが施工を担当。この橋によって空港から、たとえばハノイを素通りしてハナム省やタインホア省に行くことができる。経済圏が画期的に拡大することは間違いない。

この橋梁は2014年末に完成予定。詳細は、以下のJICAのホームページを参照。http://www.jica.go.jp/vietnam/office/information/report/ku57pq00000g87bz-att/namidayori_21_1.pdf

|

« ロータス投資運用会社で働く人々 | トップページ | ハノイの恋人:ボンちゃんと再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/53730228

この記事へのトラックバック一覧です: ハノイの高速道路と空港が連結:日本のODA:

« ロータス投資運用会社で働く人々 | トップページ | ハノイの恋人:ボンちゃんと再開 »