« ダナンで日本語を教えている!! | トップページ | ベトナムの銀行口座とATM(2・完) »

2013年11月11日 (月)

ベトナムの銀行口座とATM(1)

私がハノイに在住していた1998年当時、日本からの送金目的で銀行口座が必要であり、その時はベトコムバンク(ベトナム外商銀行)とANZバンク(オーストラリア・ニュージーランド銀行)しかハノイになかった。日系銀行と言えば、確かホーチミン市に東京銀行(当時)があった。

前者は口座の最低預け入れ金額や維持手数料も安かったが、外貨とベトナムドンの交換が停止になるとか、通貨引き出しができなくなる懸念があるとかの助言を受けて、私はANZバンクに口座を開設した。P1070700 写真は、預金金利を店頭で宣伝するBAOVIETバンク(保険会社系銀行)
現在になって、ベトコムバンクに口座開設する日系企業も多いようである。これは、ベトコムバンクの信用が増加した証拠である。

そもそもベトナム人は、銀行を信用していないので「タンス預金」しているとまで言われていた。その隠し場所は「かまど」の中とか、自宅の壁に米ドル紙幣を塗り込んでいるという話も聞いた。それが約10年を経過して、銀行が普通に存在して活動している。隔世の感。まさにベトナム金融市場の発展である。

現在、ハノイやホーチミン市には日本のメガバンク3行が支店を開設しているが、残念ながらダナン支店はない。そこで私は、ハノイのベトナム人友人の勧めで何も考えずにテコムバンク(THCOMBANK)に口座を開設した。ダナンにも数カ所の支店がある。

まず、ダナン支店に赴いて「ATMの設置場所はどこ?」と質問した。するとパソコンのデータから一覧表を印刷してくれて、これを見なさいと渡してくれた。何て親切なんだろうと思いながらも、その印字が小さくて「老眼」傾向の私には読めなかった。親切なようで、どうも・・・? (以下、続く)。

|

« ダナンで日本語を教えている!! | トップページ | ベトナムの銀行口座とATM(2・完) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/53810884

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの銀行口座とATM(1):

« ダナンで日本語を教えている!! | トップページ | ベトナムの銀行口座とATM(2・完) »