« ベトナム点描(12):ズン首相とレカフュー元共産党書記長 | トップページ | タインホア省で親しく話した人たち(1) »

2013年10月25日 (金)

ベトナム点描(13):深田大使の祝辞

伝聞ではあるが、深田特命全権大使は大阪の高槻市出身で、大阪外国語大学卒業。当然、阪神タイガースのファンかと思えば、巨人ファンだそうである。Cimg1209私は深田大使の「追っかけ」ではないが、ダナンの海上自衛隊に続いての挨拶を伺った。今回のタインホア訪問団で親しくなったカナダ人(ミャンマーの投資コンサル会社の責任者)は、「強いメッセージ」だという感想を述べていた。

「ギソン石油精製プロジェクト」を日本政府が今後も支援していくということを述べたのだが、まさに「国家プロジェクト」化の「公約」であるように私には感じられた。その語り口は明確で声量も十分。確かに力強い印象を出席者に与えたに違いない。Cimg1236こういった起工式の最後には「テープカット」となるのだろうが、ここでは写真のような「花火」であった。また、こういった式典に私は初めて出席したが、挨拶を指名されると、「行進曲」のような元気な音楽が流れる。これも興味深い演出である。登壇する講演者を励ますような感じである。Cimg1239_3簡単に言えば、ベトナムの演出は「ど派手」で会場設営や会議招待客の規模は「大きいことは良いことだ」の発想である。そのおかげで「あご足」付きの無料招待客にして頂いたので批判するのは筋が通らないが、どれだけの予算規模なのか? ちょっと想像を絶する。日本なら一般市民からの「税金の無駄遣い」批判が出て当然である。もっとも、日本の2020年の東京オリンピック大会も似たようなものかもしれない。



|

« ベトナム点描(12):ズン首相とレカフュー元共産党書記長 | トップページ | タインホア省で親しく話した人たち(1) »

コメント

ベトナム大使の深田です。
私のことを含め、ギソンでの石油精製プロジェクトの起工式をフォローしていただき、ありがとうございます。
今度ハノイに来られる際には是非連絡してください。

投稿: 深田 博史 | 2013年11月 7日 (木) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/53714211

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム点描(13):深田大使の祝辞:

« ベトナム点描(12):ズン首相とレカフュー元共産党書記長 | トップページ | タインホア省で親しく話した人たち(1) »