« 明石海峡大橋を上空から臨む:オスプレイの影響? | トップページ | 売れてなさそうな店が存続する理由 »

2013年9月10日 (火)

韓国大統領のハノイ訪問

9月7日から韓国のパク大統領がハノイを訪問している。ロシア・日本に続く原発の売り込みが主な目的であると言われている。
P1070915
私は9月8日にインターコンティネンタルのホテルのロビーで偶然に大統領を見かけた。チマチョゴリ姿が華やかな印象であった。大統領の姿が見えると、周辺の韓国人から歓声があがった。
P1070885     おそらくホテル総支配人:VIPを待つ孤独
同ホテルは、ベトナムで最も高い72階建てのビルの一画であり、最上階はすでに本ブログで紹介した展望台になっている。しばらくして洋装に着替えた大統領はダエウーホテルの夕食会に向かった。ダエウーホテル前も警察の白バイで一杯であった。いずれも韓国が建設した5★ホテルであり、両方の韓国系ホテルを使用するという配慮がなされている。

ベトナムは北朝鮮とも国交をもっているから、北朝鮮のベトナム入国は容易である。テロ事件の発生もないとは言えない。しかし、そうなればベトナムは北朝鮮と国交断絶するであろうから、北朝鮮は数少ない友好国ベトナムを失うことになる。北朝鮮は、そのようなリスクは犯さないであろうと推理される。
P1070908
そうは言うものの、警備は厳重であった。大統領が宿泊するホテル周辺の小さなホテルには、前日に一斉に公安警察が立ち入り検査に入ったそうである。またホテル前の建設中の高速道路の上にも警備員を見かけた。こういった大統領の警備状況は、まさに韓国ドラマ「IRIS:アイリス」を想起させた。

1998年にキム=デジュン大統領がハノイを訪問した時、大統領は「ベトナムと韓国には過去に不幸な時期があった」というような謝罪の言葉をベトナム側に発言したと記憶している。しかし今回、そのような謝罪を大統領は繰り返すことはなかったようであるが、それは当然である。普通に考えて謝罪は一度でよい。他方、誇り高いベトナムは戦勝国として、米国や韓国に対して「謝罪せよ」とは公式には要求しない。ただしベトナムは、米国に対して「枯れ葉剤被害」の賠償責任は追求している。

|

« 明石海峡大橋を上空から臨む:オスプレイの影響? | トップページ | 売れてなさそうな店が存続する理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/53191084

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国大統領のハノイ訪問:

« 明石海峡大橋を上空から臨む:オスプレイの影響? | トップページ | 売れてなさそうな店が存続する理由 »