« 本当のリスクは会社設立後に始まる | トップページ | ロンタン新国際空港の建設中止?:続報 »

2013年8月20日 (火)

ロンタン新国際空港の建設中止?

2011年6月に首相が承認したロンタン新国際空港(ホーチミン市郊外)の建設中断・中止が、最近のベトナム各紙で報道されたようである(注:このニュースは伝聞である)。

国家予算の支出を節約するという理由は、日本の新幹線の導入の延期と同じである。新国際空港の場合、国家予算の70~80%である。

私は数年前、新国際空港の需要予測に基づけば、新国際空港は必要ないという英文レポートを紹介したことがある。確か日本ベトナム経済交流センターが発行している月刊ニュース誌上であった。

その後、ロンタン新国際空港の建設が発表され、やや意外に思ったことが記憶にある。建設中断となれば、新国際空港の建設を見込んで不動産投資をした企業や人々は、大きな損失を被るであろう。

さらに大きな視点で考えれば、東南アジア諸国の「ハブ」空港にベトナムがなりうるかという問題である。バンコックやシンガポールが、すでに「ハブ」となっているが、それに代替または匹敵するようになるのであろうか? 

私見では、それよりも地方空港の国際空港化がベトナムでは望ましい。ダナン国際空港がそうであったし、フエの空港改修工事もそれが目的であると思われる。

今後のベトナム経済発展の重要な牽引力に国際観光がある。外国人観光客の誘致が重要な成長戦略であることは、ベトナムも日本と同じである。

このためには、たとえば年内にダナンとシェムリアップ(カンボジアのアンコールワット遺跡)間をベトナム航空が運航開始予定ということに意義がある。

なお、Viet Nam News, August 19, 2013 が以上の情報を報道した。次回に、その記事を紹介する。

|

« 本当のリスクは会社設立後に始まる | トップページ | ロンタン新国際空港の建設中止?:続報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/52938832

この記事へのトラックバック一覧です: ロンタン新国際空港の建設中止?:

« 本当のリスクは会社設立後に始まる | トップページ | ロンタン新国際空港の建設中止?:続報 »