« 堺市の「ベトナム進出セミナー」の開催(1) | トップページ | モーリス=ザイトリン元教授 »

2013年8月11日 (日)

堺市の「ベトナム進出セミナー」の開催(2/完):感激の出会い

弊社(合同会社TET)が受託した堺市からの事業は、市内企業の海外展開促進を支援することであり、厚生労働省の「緊急雇用創出基金」に基づいている。

この基金は、失業者を雇用することが条件になっており、弊社は初めて社会保険制度を適用した従業員を雇用する。

今回の堺市の仕事を契機にして、弊社の発展が計画できるようにしたい。まさに大学教授として「実学」の推進・実行の国内研修である。

さて昨日の堺市の「ベトナム進出セミナー」後に懇親会が開催された。そこで非常に嬉しかったことがあった。

昨年からの私のラジオ番組「上田義朗のベトナム元気!」(MBS毎日放送)をスマホで聞いて頂いており、ベトナム訪問前には再び聞いていますという方に対面した。「あ~、先生に会えるとは・・・」と感激した言葉を頂いたことに私も感激した。ひょっとして高井美紀アナウンサーのファンでは?と思ったが、やっぱり私のファンなのだ!! 参照 http://www.mbs1179.com/genki/

朝のNHKテレビ連続番組「あまちゃん」ではないが、「おらもスターになりてぇ・・・」という気持ちが少し理解できた。しかし私は、自分の好きに生きたいというのが本心で、〇〇〇になりたいという希望はない。たとえば大学の仕事なら、学部長や学長になりたいとか、×××学会の会長になりたいと思うのだろうが、そういう「夢想」を私はとっくに卒業している。だから自分で会社も設立したのだ。

お金が欲しい」という気持ちはあるが、それは自分のためでなく、みんなの為に使うからである。現状で1人を救えるなら、お金があれば、100人を救えるかもしれない。これは本心である。

自分の人生。少なくとも自分で設計したい。それが自由な国、日本の特権であることを信じたい。

|

« 堺市の「ベトナム進出セミナー」の開催(1) | トップページ | モーリス=ザイトリン元教授 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/52823945

この記事へのトラックバック一覧です: 堺市の「ベトナム進出セミナー」の開催(2/完):感激の出会い:

« 堺市の「ベトナム進出セミナー」の開催(1) | トップページ | モーリス=ザイトリン元教授 »