« 東京出張 | トップページ | 猛暑の日々の過ごし方 »

2013年8月15日 (木)

終戦記念日に考えたこと

終戦記念の戦没者慰霊式典は、いつからどのような経緯で始まったのであろうか? 第二次世界大戦で日本は、米国を始めとする連合国に敗戦した。普通に考えて敗戦は、早く忘れてしまいたい出来事である。 

その式典を毎年開催するということは、その敗戦を忘れないためである。負けたことを忘れないようにするということは、その敗戦に伴う多大の犠牲者に対して深い反省を全国民が共有するということであろう。まさに慰霊である。 

そうでなければ、臥薪嘗胆ではないが、今度は「勝つ」という意識を再確認するということである。このような意義を終戦記念日に見いだす人は皆無または少数と思われる。しかし「勝つ」までは思わないにしても、「敗戦」の意識を払拭したいという気持ちを新たにする人々が存在しても不思議でない。 

このような延長上に憲法改正や歴史認識の問題があるのかもしれない。「敗戦の日」を機会に反省するのではなく、早く「敗戦」を忘れたい。負けるより勝つ方が良いに決まっている。人間として自然の感情である。

しかし人間の評価基準として、反省しない人々が立派であるとはけっして言えないと私は思う。

|

« 東京出張 | トップページ | 猛暑の日々の過ごし方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/52912783

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日に考えたこと:

« 東京出張 | トップページ | 猛暑の日々の過ごし方 »