« ビジネス情報の局地化:ハノイとホーチミン市 | トップページ | 銀行間の市場競争:「金融資本」は未形成 »

2013年7月18日 (木)

堺市から仕事を受託した

「緊急雇用創出基金事業(起業支援型地域雇用創造事業)市内企業海外展開促進支援業務」という長い見出しの仕事の公募があり、先日から堺市役所に足を運んでいた。

この事業提案書が受託され、本契約に進むことになった。これは、弊社・合同会社TETの仕事である。私は同社の代表社員・CEOである。

この事業には2つの条件がある。1つは、失業者を2年間で延べ4名を雇用すること。もう1つは、創業10年未満の「起業支援」が目的とされていることである。

失業者の雇用には、社会保険や健康保険の加入が条件となっており、これも私にとっては初めての経験である。私の「実学」追究もいよいよ佳境の入り口に入った。

|

« ビジネス情報の局地化:ハノイとホーチミン市 | トップページ | 銀行間の市場競争:「金融資本」は未形成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/52597923

この記事へのトラックバック一覧です: 堺市から仕事を受託した:

« ビジネス情報の局地化:ハノイとホーチミン市 | トップページ | 銀行間の市場競争:「金融資本」は未形成 »