« 映画:桃さんのしあわせ | トップページ | ハノイ「猛虎会」をラジオで紹介(1) »

2013年7月 3日 (水)

参議院選挙の争点は何か?

今回の選挙の論点は明確だ。

憲法改正か否か?、原発再開か否か?、TPP賛成か反対か?

これに加えて、いわゆる現状の経済政策(「アベノミクス」)の是非が争点になりうるが、それは時期尚早であると思う。

私が与党=政府の政策担当者であるなら、無理をしてでも選挙期間中は株価上昇、意図的にでも雇用改善、景気回復のムードを作り出すであろう。そして、その成果をもたらした「アベノミクス」の是非を選挙の争点にするであろう。しかし、それらは短期的な成果である。これに目を奪われるべきではない。

経済政策の是非の判断は、時間がかかる。この意味で、かつての小泉政権における「規制緩和」が現在、何をもたらしたのか?ようやく、その的確な判断ができる時期である。

その「規制緩和」を継承・強化しようとするのが「アベノミクス」であるとすれば、また、さらなる「規制緩和」を促進しようとする政党があるとすれば、その是非の判断は小泉政権の「規制緩和」の評価・検証から始めなければならない。そこまで論点を深める議論が欠如して、短期的な現象に基づいて「アベノミクス」の是非が争点にされるべきではない。

他方、上記の「憲法改正」・「原発再開」・「TPP賛成」は、日本の将来を決する最重要な争点である。この「争点隠し」は許されない。こういった長期的・本質的な論点=争点を回避して、短期的な「アベノミクス」の是非を選挙の争点にする。これは詐欺的な選挙戦術である。この意味で、国民の前に論点を明示化する報道機関の役割は重要である。

|

« 映画:桃さんのしあわせ | トップページ | ハノイ「猛虎会」をラジオで紹介(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/52334069

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙の争点は何か?:

« 映画:桃さんのしあわせ | トップページ | ハノイ「猛虎会」をラジオで紹介(1) »