« ベトナムの国防教育 | トップページ | 「大阪国際経済振興センター」の仕事:大阪IBPCについて »

2013年6月25日 (火)

従業員は創業社長の「分身」になれるか?

就職活動の最終面接で社長が登場することがある。この場合、社長の判断基準は何か?

特に創業社長であるなら、就職希望の彼または彼女が自分の「分身」になりうるかどうかではないか?

創業時、自分が全部の仕事をしてきた。会社の規模が大きくなれば、また大きくしようとすれば、自分一人の力では限界がある。本当は、社長自身が全部やりたいのだが、それは身体的にも時間的にも不可能である。そこで他人を雇用することになる。

人間には様々な要素が有り、画一的ではない。創業社長がもっている様々な要素を代表するような従業員がいれば、その会社の活動は、社長を中心にして活発化・活性化するであろう。

伸びる中小企業とは、こういう特徴が従業員の採用にあるように思われる。

しかし現実、なかなか適当な従業員が集まらない。創業社長の不満は高まり、「ワンマン社長」などと批判・非難される。本当は、だれも「ワンマン社長」になりたくないのだ。会社の成長と発展のために、そうならざるをえない状況もある。

中小企業の経営者、特に創業経営者は、僭越ながら以上のことを自戒・自省されることを勧めたい。他方、就職活動中の学生には、以上を参考にして志望の動機を熱意をもって語れば良い。伸びる会社。会社と一緒に自分も成長する。これが最もやり甲斐のある人生だと思う。

|

« ベトナムの国防教育 | トップページ | 「大阪国際経済振興センター」の仕事:大阪IBPCについて »

コメント

by numerous groups accountable for policy modifications and 301 blocks. http://usagirlshandbagsoutlet.yolasite.com/

投稿: http://usagirlshandbagsoutlet.yolasite.com/ | 2013年7月 5日 (金) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/52183255

この記事へのトラックバック一覧です: 従業員は創業社長の「分身」になれるか?:

« ベトナムの国防教育 | トップページ | 「大阪国際経済振興センター」の仕事:大阪IBPCについて »