« 「敵ながらアッパレ!」の精神は日本で消滅したか? | トップページ | NHK大河ドラマ『八重の桜』:会津藩の人々に涙する・・・ »

2013年6月29日 (土)

「河内ワイン」をベトナム人に贈る

ベトナムの首都ハノイを漢字で書けば、河内。

他方、日本で河内(カワチ)と言えば、大阪の南部。日本映画『悪名』の「八尾の朝吉」親分は故・勝新太郎の当たり役だった。

現在も「河内音頭」は全国的に有名であるし、ベトナムのハノイで河内音頭を踊ろうという試みも何度か実施されている。私のゼミでも、かつてベトナム人学生と踊ったことがある。

この名前を冠した「河内ワイン」が発売されている。
http://www.kawachi-wine.co.jp/

この「河内ワイン」、ベトナム流に読み替えれば「ハノイ=ワイン」。ベトナム人の知人に贈呈すると、しばらくして意味を理解して大いに感激してくれた。

ハノイでワイン製造は聞いたことがないが、河内ワインとハノイ=ワイン。この両者を結びつける連携やコラボは出来ないのであろうか?

次回、ハノイを訪問する時、このワインをお土産にして、ビジネスに結びつかないかを検索してみたい。

|

« 「敵ながらアッパレ!」の精神は日本で消滅したか? | トップページ | NHK大河ドラマ『八重の桜』:会津藩の人々に涙する・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/52233581

この記事へのトラックバック一覧です: 「河内ワイン」をベトナム人に贈る:

« 「敵ながらアッパレ!」の精神は日本で消滅したか? | トップページ | NHK大河ドラマ『八重の桜』:会津藩の人々に涙する・・・ »