« ハノイのオペラハウスで交響楽(2) | トップページ | ダナンで「世界花火大会」が開催 »

2013年5月 1日 (水)

ダナン=ゴルフクラブで練習

ダナン・ゴルフ・クラブは、グレッグ=ノーマンが設計したゴルフ場という知識はあったが、そこに自分がいるなんて想像もできなかった。  

ハノイでゴルフデビューして以来、早く練習したい気持ちがあった。そこで同クラブの「打ちっ放し」に出かけた。200球を打って、併設のグリーンでパターの練習をして約2時間。料金は40万ドン少し。日本円で2,000円。日本とそれほど変わらない。

4月からゴルフを始めて、これは「男の見栄(ミエ)」の世界であることが理解できた。ゴルフ会員権相場の高低、ゴルフクラブの値段やブランド、服装やゴルフ場までの自動車の車種など、これらは、いずれもゴルフそれ自体の技量とは無関係であるが、それが大事であるような気になってくる。

P1060880写真の前列の左側がグレッグ=ノーマンである。

他方、紳士のスポーツであるはずが、ベトナム人独特の大声で叫ぶ人もいる。「おーい、こっちが空いてるで!」「ちょっと待てや、儂は練習やめとくは・・・」。こんな意味のことを言っているに違いない。

他方、私の隣で練習していた韓国人は、なかなか紳士であった。突風で飛んだ私のタオルを取ってくれたりして、気の利いた人であった。私は先に帰る時に軽く挨拶した。こういうことは気分がよい。

P1060887
日本人も韓国人もゴルフ好きなのだから、もっとゴルフを通したベトナムでの日本・韓国の親善や交流があってもよい。ベトナムでは、日本人と韓国人の世界は余り接点がないように思われる。私は以前、ハノイで大宇ハネルの韓国人社長と話したことがあるが、なかなか立派な人であった。ゴルフを一緒にできれば、もっと懇意になれたと思う。P1060884この練習場で初めて、自分のドライバーの飛距離がわかった。ホームランの当たりが出ると200ヤード近くまで転がる。また、ピッチングウェッジの特徴も納得できた。いつもフック気味になる。ドライバーの安定のためにはフォームを固めることだし、フック対策のためには足をオープンスタンスにすればよいのではないか?これらを帰国後に練習場で試してみよう。

|

« ハノイのオペラハウスで交響楽(2) | トップページ | ダナンで「世界花火大会」が開催 »

コメント

At the same hearing during which Mauer testified, an assistant inspector general for the Department of Homeland Security told the panel audits found that while states and urban areas had followed the rules in allocating and spending grant money, there were shortcomings on several performance measures. [url=http://www.23retrojordansclub.com/]retro jordans[/url] retro jordans

投稿: retro jordans | 2013年5月 9日 (木) 12時10分

初めまして、ダナン在住、ゴルフ関連事業をしている物です。ダナンゴルフと検索して目に付きブログ読まさせていただきました。。
確かに、ベトナム人は声が大きいですね。。。マナーの面でもあまり良くない方も時々見かけます。。。ベトナムではまだまだ新しいスポーツです。でもゴルフ人口は年々増えていますね、、、
私達は、ダナンで日韓交流戦なども行なっています。ベトナムは韓国人の方が多く住んでます。ですので、色々ゴルフを通じ交流が出来れば良いなと思っております。
時間があれば、私のブログも読んでみて下さい。
http://ameblo.jp/anhyeuem861/

投稿: 香西 保宏 | 2013年5月 9日 (木) 02時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/51470450

この記事へのトラックバック一覧です: ダナン=ゴルフクラブで練習:

« ハノイのオペラハウスで交響楽(2) | トップページ | ダナンで「世界花火大会」が開催 »