« ゴルフの打ちっ放し | トップページ | センチュリー吉川:160 »

2013年5月22日 (水)

コースでの環境変化に対する対応

ゴルフの打ちっ放しで上手になっても、初めてのコースでは当惑する。目前に池や谷がある。これは心理的に圧迫される。

また、打つ環境がすべて異なる。平面でなく、斜面でクラブを振る場合、「こんなの練習では習ってない」となる。まさに次から次の応用問題。

さらに雨天でのゴルフなんて、現在の私には想像もできない。

経営学の教科書や論文で学んだことと、現実の企業経営では、おそらくゴルフの練習とコースのラウンドと同等以上の乖離がある。企業経営者にゴルフ愛好家が多いのは、単に仕事のおつき合いだけでなく、企業経営の実践に通じる何かが潜んでいるからであろう。

ただし、企業経営は組織で動くが、ゴルフは個人の競技である。個人的な経験知がゴルフを上達させる。

|

« ゴルフの打ちっ放し | トップページ | センチュリー吉川:160 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コースでの環境変化に対する対応:

« ゴルフの打ちっ放し | トップページ | センチュリー吉川:160 »