« ヤンゴン市の整然とした交通渋滞 | トップページ | ヤンゴン点描(2):「叱る」と「怒る」は違う »

2013年2月 1日 (金)

ヤンゴン点描(1):どこかで見た風景

ヤンゴンの以下の風景は、5年以上も前に訪問したインド南部の大都市ムンバイを想起させる。

P1050382_3
この建物は、ヤンゴン市役所である。ミャンマーがインドと同じ英国植民地であったことが実感できる。

現在でも、400本近いミャンマーの法律が英国法に基づいているそうである。その改定をミャンマー政府は急いでいる。

フランスの植民地であったベトナム・ラオス・カンボジアとは違ったミャンマーの雰囲気は、こういう建物から感じ取ることができる。


|

« ヤンゴン市の整然とした交通渋滞 | トップページ | ヤンゴン点描(2):「叱る」と「怒る」は違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/49118361

この記事へのトラックバック一覧です: ヤンゴン点描(1):どこかで見た風景:

« ヤンゴン市の整然とした交通渋滞 | トップページ | ヤンゴン点描(2):「叱る」と「怒る」は違う »