« ヤンゴン点描(7):風景 | トップページ | 謹賀新年 »

2013年2月 9日 (土)

ヤンゴン点描(8):ミンガラドン工業団地

14年前に訪問したミンガラドン工業団地をどうしても見たかったので、予約なしで行ってみることにした。

P1050708

門衛所の指示で、敷地内の写真を撮らないという約束で団地内を自動車で見学した。これは約束であって、自動車に守衛が同乗するわけではない。しかし、やはり約束を守るのが、信頼してくれたミャンマー人に対する礼儀である。

P1050725

かつて見学した「味の素」の工場は現在もあったが、人の気配は感じられなかった。この「味の素」の撤退が、同工業団地を開発した三井物産の撤退をも誘発したと思われる。

なお、ミャンマー人は、化学調味料について良い印象は持っていないように思われるが、それは政府のプロパガンダの影響なのかもしれない。

ミンガラドン工業団地には、まだまだ敷地に余裕はある。空港にも近く、ゴルフ場も隣接している。市内からの道路アクセスも悪くない。日本企業が進出する場合、日本のODAによって開発される「ティラワ経済特区」と比較されて当然と思われた。

|

« ヤンゴン点描(7):風景 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/49119977

この記事へのトラックバック一覧です: ヤンゴン点描(8):ミンガラドン工業団地:

« ヤンゴン点描(7):風景 | トップページ | 謹賀新年 »