« ヤンゴン点描(5):アウンサン=スー=チー宅 | トップページ | ヤンゴン点描(6):ホッ!とする花 »

2013年2月 6日 (水)

ミャンマーはWTO加盟国・・・加盟はラオスが最後

アジア経済研究所の研究員である山田さんはラオス政治の専門家。ラオスや日本で何度かお目にかかったことがある。

山田さんから、すでにミャンマーはWTO加盟国というご指摘を頂戴した。まさに、その通りである。

昨年にラオスがWTO加盟を果たして、アセアン諸国すべてがWTO加盟国となった。ベトナムやラオスがWTO加盟に至るまで苦労していることを知っている者として、経済的に劣ったミャンマーの次の課題は、WTO加盟とばかり思っていた。

これは私の先入観に基づく誤りであった。しかしながら、現状のミャンマーがWTO加盟国に適合した法整備が進んでいるとは思われないのだが、これも私の先入観もしくは偏見であろうか。

今回のミャンマーでは日本大使館を訪問したが、ミャンマー政府は2015年の「アセアン経済共同体」の成立に向けた対応に最大に注力しているという説明があった。その努力が、結局はWTO加盟国としての法整備にもなっていると考えるべきなのであろう。

なお今回、児童労働(15歳未満)ではないかと思われるような工場の風景を見た。カンボジアではILO(国際労働機関)が規制を徹底し、通常の労働現場で児童労働は根絶されたと聞いている。ミャンマーでは、こういった問題も残されているのではないか。

ミャンマーについて私は素人同然であるが、今後も徐々にでも勉強していこうと思う。

|

« ヤンゴン点描(5):アウンサン=スー=チー宅 | トップページ | ヤンゴン点描(6):ホッ!とする花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/49210222

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーはWTO加盟国・・・加盟はラオスが最後:

« ヤンゴン点描(5):アウンサン=スー=チー宅 | トップページ | ヤンゴン点描(6):ホッ!とする花 »