« ベトナム人について以前から理解できないこと | トップページ | ベトナム・ビンディン省にタイが石油精製所を建設した理由 »

2013年2月27日 (水)

ダナン大学で日本企業の採用試験を実施

一般社団法人・日本ベトナム経済交流センターは、会員企業のための活動が主要な仕事である。すでに紹介しているように今回のベトナム訪問は、機械技術系の優秀なベトナム人大学生の採用をお手伝いすることである。

国立ダナン大学では、写真のように卒業予定の4年生48名が集まった。ベトナム語に翻訳した力学=物理学の基本的な採用試験問題について、満点が1名、次点が6名であった。他方、白紙に近い答案の学生もいた。当然のことながら、通説になっている「優秀なベトナム人」というのは一般論であって、実際の人間はさまざまである。

P1060043

試験成績が優秀であっても、実際のビジネスでリーダーシップを発揮してくれるかどうかは、また別の問題である。それは、大学と企業の間でウロウロしている私にとって痛感の事である。これらを次回の第2次試験となる面接で確認したい。

ダナン大学は、学生サービス向上のために就職先が増えることに大歓迎である。今後も、日本企業に対する採用、ベトナムの大学に対する就職の双方について支援ができればと思う。

面接を経て仮採用が決まれば、奨学金を渡してベトナムで日本語を勉強してもらうことになる。最低でもN3(日常会話)の日本語能力が必要である。これが、ベトナム人学生にとって日本で働くための最終ハードルになる予定である。

|

« ベトナム人について以前から理解できないこと | トップページ | ベトナム・ビンディン省にタイが石油精製所を建設した理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/49695725

この記事へのトラックバック一覧です: ダナン大学で日本企業の採用試験を実施:

« ベトナム人について以前から理解できないこと | トップページ | ベトナム・ビンディン省にタイが石油精製所を建設した理由 »