« ミャンマー民主化の「裏側」 | トップページ | 14年前のミャンマー・ミンガラドン工業団地の訪問記(2) »

2013年1月16日 (水)

14年前のミャンマー・ミンガラドン工業団地の訪問記(1)

現在、関西社会人大学院連合が主催する「ミャンマー講座」の司会の仕事をしています。そして最終回は私自身の講義があります。参照 http://www.kansai-auae.jp/top_npo/ 

そこで10年ほど前に執筆したミャンマーに関する私の記事を探しました。三井物産が開発したヤンゴンのミンガラドン工業団地の訪問記を今は休刊している『アジア倶楽部』という雑誌に掲載したことは記憶しているのですが、その現物が手元にありません。 

インターネットで調べると東大阪市の大阪府立図書館に雑誌が保管されていました。そこで図書館で複写をすることにしました。

大阪府立図書館は、東大阪市役所に隣接しています。最寄りの近鉄けいはんな線・荒本駅から徒歩10分ほど寒風の中を歩きました。

ほぼ10年ぶりに自分の執筆した記事に対面したことは感激でした。

「ミャンマー経済の可能性:ミンガラドン工業団地・訪問ノート」『アジア倶楽部』1999年8月号、No.204、18-19頁。

|

« ミャンマー民主化の「裏側」 | トップページ | 14年前のミャンマー・ミンガラドン工業団地の訪問記(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/49012611

この記事へのトラックバック一覧です: 14年前のミャンマー・ミンガラドン工業団地の訪問記(1):

« ミャンマー民主化の「裏側」 | トップページ | 14年前のミャンマー・ミンガラドン工業団地の訪問記(2) »