« 「ミャンマー講座」始まる:鈴木満氏 | トップページ | 体罰・・・ »

2013年1月12日 (土)

世界最先端のLED照明は深圳に

長崎県佐世保市でお世話になった平野社長から、中国・深圳の地下鉄のLED照明について、その世界最先端の応用事例を紹介していただいた。

P1040841
地下鉄の車内には、連続したLED照明が設置されている。また各駅の照明の形状は下記のようである。

Photo
電車の運行と連動しており、電車がホームに入る直前で照度が上がり、待ち時間には、照度を60~70%に落として「省エネ」を行っている。

深圳地下鉄のLED照明は、上記のように自由なデザインで設計されており、蛍光管型のLEDは一つもない。LEDの特徴が活かされ、次世代照明と呼ぶに相応しい。

以前に韓国ソウルの地下鉄には、線路転落防止を兼ねた「壁」が設置されていると紹介した。地下鉄は「都市の顔」である。

東京や大阪の地下鉄にも、このようなLED照明が導入されたら、大きな「省エネ」効果とともに、社会の認知度が高くなると考えられる。

提供: 株式会社ウィン&ウィン http://winandwin.jp

|

« 「ミャンマー講座」始まる:鈴木満氏 | トップページ | 体罰・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/48721046

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最先端のLED照明は深圳に:

« 「ミャンマー講座」始まる:鈴木満氏 | トップページ | 体罰・・・ »