« 世界最先端のLED照明は深圳に | トップページ | 制御不能のインフレ=バブルを回避する »

2013年1月13日 (日)

体罰・・・

教員による体罰が原因で、大阪市の高校生が自殺した。 

教師・教員は常に冷静でなければならないと私は考えている。私も大きな声で、たとえば講義中の私語を注意することもあるが、本当に怒っているのではない。それは怒った「演技」である。換言すれば、冷静に判断して怒っている。

瞬間的な感情の発露で暴力や暴言は確かにありうると思うが、その後に冷静になれば、生徒に謝罪するべきことである。

今回の場合、どのような感情で教師は体罰を加えていたのであろうか。試合に勝つという目的を免罪符として、生徒に暴力を行使し、自らの指導者としての支配欲や優越感を満足させる。

そういう感情がなかったかどうか? 再発防止のために検証すべきであるし、この機会に教員が自省すべきことであると思う。

|

« 世界最先端のLED照明は深圳に | トップページ | 制御不能のインフレ=バブルを回避する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体罰・・・:

« 世界最先端のLED照明は深圳に | トップページ | 制御不能のインフレ=バブルを回避する »