« 大阪府立図書館で資料をコピーする | トップページ | 「ミャンマー講座」始まる:橋本良英氏 »

2013年1月24日 (木)

「ミャンマー講座」始まる:室賀信男氏

室賀氏は、「ベトナムで最初に日系ゴルフ場をつくった男」として、次の著書を出版されている。

室賀信男『ハノイゴルフクラブ物語』カナリア書房、2011年。

最近は、ベトナムの農業ビジネスの支援をされたり、ミャンマーのゴルフ場の助言をされたりしている。室賀氏は「箕面ライオンズクラブ」、私は「箕面船場ライオンズクラブ」会員というご縁もある。

ゴルフ場はビジネスの「社交場」とみなされるが、そのゴルフ場をベトナムで創業された室賀氏のベトナム「人脈」は広範である。

室賀氏の講義の要点は、「ベトナムで起こることはミャンマーでもある」ということである。このことは、「現在のミャンマーが、何年前のベトナムか?」という問題の設定を意味する。

また同時に、新興国としてのインフラ未整備や人材不足はベトナムもミャンマーも共通しており、ベトナムの経験がミャンマーでも活用できるという意味にもなる。

このようなベトナムとミャンマーの共通性や類似性の抽出が、アジアのビジネス展開の促進に貢献することになる。それは研究者である私の課題であると痛感した。

|

« 大阪府立図書館で資料をコピーする | トップページ | 「ミャンマー講座」始まる:橋本良英氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/49021077

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミャンマー講座」始まる:室賀信男氏:

« 大阪府立図書館で資料をコピーする | トップページ | 「ミャンマー講座」始まる:橋本良英氏 »