« ミャンマー講座が始まります(7):ミャンマーは橋本さん | トップページ | 偉そうにしたいだけのベトナム人 »

2012年12月22日 (土)

ミャンマー講座が始まります(完):訪問の注意事項

ミャンマー訪問で注意するべきことは以下のように思われる。

1.ビザ(査証)の取得に時間がかかる。
 標準は大阪で1ヶ月、東京で2週間だが、繁忙期にはより以上の日数が必要となる。

2.ホテル予約に預け金が必要である。
 個人旅行ならインターネット経由のクレジット払いが便利だと思うが、団体旅行の場合、人数を募集して確定する時間を早めにしておく。

3.現地の移動手段バスや通訳費用は高い。
 同行通訳1日で3万円と聞いた。これはベトナムよりも高い。また、バス予約にも予約金が必要となる。

4.ホテル代も3~4星クラスが2万円を超える料金。
個人旅行なら1万円を切るところもあると聞いている。かつて私の2回のミャンマー訪問では、5星クラスのトレーダーズホテルであったが、おそらく1万円であった。今では数万円になっているのだろう。

5.両替をどうするか?
以前に私が戸惑ったことは、貨幣の両替であった。現在は空港での「強制転換」(200ドルだったかを「オモチャ」のような貨幣200ドルに強制的に変換する)があったが、今はなくなっているそうである。また、公式レートと市場レートの乖離が大きく、ホテルのボーイが「私が両替してやる」などと個人的に話しかけてきたが、それは今はどうなっているのか。

来年1月からの「ミャンマー講座」では、最近の現地に何度も行かれている方々がお話されるので、事前の知識を充分に入手しておきたい。

 
 

|

« ミャンマー講座が始まります(7):ミャンマーは橋本さん | トップページ | 偉そうにしたいだけのベトナム人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/48416187

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマー講座が始まります(完):訪問の注意事項:

« ミャンマー講座が始まります(7):ミャンマーは橋本さん | トップページ | 偉そうにしたいだけのベトナム人 »