« ホーチミン市の日本物産館(4・完) | トップページ | ベトナム人の知恵を借りる:中間管理職の人材不足(2) »

2012年12月 9日 (日)

ベトナム人の知恵を借りる:中間管理職の人材不足(1)

ベトナムでもラオスでもカンボジアでもそうだが、外国に進出して事業を始める場合、日本人としての経験・ノウハウ・知識が活用できることは限定的である。

その理由は簡単である。何と言っても、外国人だからである。

そこで現地の人の意見を聞くことになる。企業で言えば、中間管理職という人々の役割である。具体的な現場を熟知していて、経営者の考えも理解できる階層と理解すればよいであろう。

ベトナムで中間管理職が不足していると言われている。この本当の意味は何か?

私見では、中間管理職は育成するものではないか。そうであるとすれば、中間管理職が不足しているという企業は、自らの育成を怠っているか、または失敗している。この点をベトナムを事例に検討してみよう。

|

« ホーチミン市の日本物産館(4・完) | トップページ | ベトナム人の知恵を借りる:中間管理職の人材不足(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/48089782

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム人の知恵を借りる:中間管理職の人材不足(1):

« ホーチミン市の日本物産館(4・完) | トップページ | ベトナム人の知恵を借りる:中間管理職の人材不足(2) »