« ホーチミン市の日本物産館(3) | トップページ | ベトナム人の知恵を借りる:中間管理職の人材不足(1) »

2012年12月 8日 (土)

ホーチミン市の日本物産館(4・完)

来年1月19日(土)・20日(日)には、この日本物産館で徳島県の物産展示に関連して「阿波踊り」などのイベントが開催されるそうである。イベント開催によって集客する。ただし、それは一時的・一過性でしかない。

P1040392
かつてダイエーが神戸ポートアイランドの業態を検討したことがあった。多数意見は、周囲の雰囲気に合わせた「高級ショッピングセンター」であった。

それに対してダイエー創業者・中内功は「ディープ=ディスカウント」と反論し、今はなき「バンドール」という安売り業態を導入した。これは大成功し、土日や祭日は、駐車場待ちの長い自動車の行列が見られた。

私見では、ベトナムで絶対的に不足しているのは駐車場。また、高額商品の購入層は、次第に増えているとはいえ一部にすぎない。

こういう場合の集客をどうするか? ベトナム人の「噂」になるような店舗・・・・・・。結論を言えば、日本の経験は参考にはなるが、通用しない。ベトナム人の知恵を借りることが一番であると思う。

|

« ホーチミン市の日本物産館(3) | トップページ | ベトナム人の知恵を借りる:中間管理職の人材不足(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/48089701

この記事へのトラックバック一覧です: ホーチミン市の日本物産館(4・完):

« ホーチミン市の日本物産館(3) | トップページ | ベトナム人の知恵を借りる:中間管理職の人材不足(1) »