« ベトナムのスイーツ:チェーのメニュー | トップページ | 佐世保に出張:LEDビジネス »

2012年12月26日 (水)

「キチキチ」の正しい食べ方

寒い時に日本では「鍋料理」が定番であるが、ベトナムにも伝統的な鍋料理はあるし、今は「キチキチ:KICHI KICHI」が人気である。

P1040558
この店は、韓国系のゴールデンブリッジ社の出資と言われている。同社は証券会社や投資運用会社を主要業務としているが、オーナーは韓国とベトナムの「架け橋」になるということで、社名を「黄金の橋」にしたということを記憶している。

P1040557
カウンターの前のお客と目線が合うことが気になるのだが、食材がクルクル回転する中で、自由に材料を選べるし、スープが少なくなると適時補充してくれる。

入り口横のテーブルには「お寿司」も置いてあって、それも自由に取り放題である。下の写真は、2種類の牛肉が選択できるようになっている。

P1040555
左が米国牛、右がオーストラリア牛である。牛肉も食べ放題なのだが、回転していないので口頭で注文しなければならない。それだけでも、消費を抑制してコスト削減の効果があると思われる。この領収書を紹介する。

○ セットビュッフェディナー:209,000ドン。
○ ハイネッケンビール:28,000ドン。
○ お手ふき:3,000ドン。
○ 付加価値税(10%):24,
000ドン。
○ 合計:264,000ドン。

1ドル=21000ドン=88円とすれば、合計は約1,100円である。この安さが嬉しい。ただし、ポン酢と青ネギや七味など、日本の鍋料理の薬味があれば、もっと最高なのだが・・・。

|

« ベトナムのスイーツ:チェーのメニュー | トップページ | 佐世保に出張:LEDビジネス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/48466128

この記事へのトラックバック一覧です: 「キチキチ」の正しい食べ方:

« ベトナムのスイーツ:チェーのメニュー | トップページ | 佐世保に出張:LEDビジネス »