« ベトナムの占い | トップページ | ベトナムのTPP加盟に米国は賛成か反対か »

2012年11月 4日 (日)

田中真紀子・文科省大臣の判断

新設大学の申請を不認可にした田中真紀子・文科省大臣に対する批判が高まっている。

事前の「根回し」(=周辺関係者の意見聴取)もなく、自己判断のみに基づく発言や行動の性癖は、田中真紀子氏のみならず、東京都知事であった石原慎太郎氏も同類のように思われる。両氏の共通点は何か?

それはさておき、田中大臣に対するいくつかの批判は当然であるが、今回の出来事を通して私は所轄大臣の権限・権力を再認識した。

法務大臣が死刑囚のの死刑執行の可否の権限を持つように、つまり人間の生殺与奪の権限を法務大臣が持っているように、文部科学省の大臣が大学認可の最終的な権限をもっても何ら不思議ではない。それほどの権力=権限を所轄大臣またその最終判断に責任をもつ総理大臣は持っていると再認識させられた。

その強大な権力を考えれば、われわれ選挙民の投票行動には重大な責任が伴う。国家権力の強大さを認識し、その適正な行使を期待して、国政選挙における熟慮した投票行動が求められる。こんなことを私は考えた。

|

« ベトナムの占い | トップページ | ベトナムのTPP加盟に米国は賛成か反対か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/47718003

この記事へのトラックバック一覧です: 田中真紀子・文科省大臣の判断:

« ベトナムの占い | トップページ | ベトナムのTPP加盟に米国は賛成か反対か »