« ベトナム・ズン首相:国会で退任を迫られる | トップページ | 11月20日は「教師の日」 »

2012年11月20日 (火)

ホーチミン市に到着

昨日19日まで滞在した金沢と加賀温泉郷(山中温泉)から、20日には自宅を経由してベトナムに移動した。 

どっぷりとした日本の雰囲気にしばらく浸かっていたかったのだが、一転して喧騒のホーチミン市に着いた。これまでの大阪からのベトナム移動と違って、この格差に少し当惑している。 

今回は、ホーチミン市の上場企業、ダナン大学、ハノイ貿易大学、ベトナム中小企業連合会、ハノイJETROなどを訪問予定である。そのほかにも、いろいろ・・・。ベトナム人・日本人の親しい人々に会わなければならないのだが、なかなか時間がない。

 ベトナム経済の発展にとって重要なTPP加盟が現地新聞にも掲載され始めたようだ。これについては明日以降に紹介する。

ところで今、このブログ執筆中にテレビで大学教授らしき男性が経済問題の解説をしているが、普通のワイシャツ姿でネクタイは着用していない。テレビに出演となれば、日本ならネクタイ着用となるのだろうが、この気楽さが心地よい。

しかし、たとえば工場における品質管理は「気楽」では困る。「気楽」と「厳密」の区別を認識・行動できるようにするための人材教育が日系企業の課題となる。なお、こういった割り切りができることは、日本でも必要なのかもしれない。

|

« ベトナム・ズン首相:国会で退任を迫られる | トップページ | 11月20日は「教師の日」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/47918852

この記事へのトラックバック一覧です: ホーチミン市に到着:

« ベトナム・ズン首相:国会で退任を迫られる | トップページ | 11月20日は「教師の日」 »