« ホーチミン市に到着 | トップページ | 家庭料理版「カインチュア」を食べる »

2012年11月21日 (水)

11月20日は「教師の日」

ベトナムでは11月20日が「教師の日」となっている。小学校から大学まで教師に花束を贈ったり、日頃の感謝の気持ちを示す日である。

あるベトナム人から、日本には「教師の日」がなくて残念ですねと言われたが、果たしてそうか?

「教師の日」があれば、教師は教育者としての使命を再確認できるだろうし、さらなる教育に対する意欲が出てくるのかもしれない。

他方、児童・生徒・学生が、教師に対する形式的・強制的な「儀式」に潜在的に反発する場合もあるだろう。「政府からの強制」された感謝の気持ちは民主的ではないと考えられる。

ただし、ベトナムではそういった不肖の子どもは極めて少数なのかもしれない。しかし「セクハラ教員」などの話もベトナムで聞いたことがあるが、それが泣き寝入りとなっている。こういう学生にとって「教師の日」など嫌悪感を増幅させるだけであろう。

なお、「教師の日」はラオスにもあったと記憶している。「教師の日」の国際的な比較研究は、十分に社会学的・教育学的・文化人類学的な研究対象となるであろう。

|

« ホーチミン市に到着 | トップページ | 家庭料理版「カインチュア」を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/47927138

この記事へのトラックバック一覧です: 11月20日は「教師の日」:

« ホーチミン市に到着 | トップページ | 家庭料理版「カインチュア」を食べる »