« 泉鏡花記念金沢戯曲大賞・囮を見る | トップページ | ベトナム・ズン首相:国会で退任を迫られる »

2012年11月18日 (日)

泉鏡花記念金沢戯曲大賞・囮を見る(続)

第4回泉鏡花記念金沢戯曲大賞の受賞作品「囮(おとり)」の公演鑑賞と受賞式に参加するために、11月17日・18日に金沢市を訪問した。

Cimg6347

写真は、金沢市芸術村の館内での展示物である。金沢市で犀川は室生犀星、浅野川は泉鏡花。こういった棲み分けが正しいかどうか不明だが、感覚的にその区別は理解できるように思われる。

私にとって金沢市は縁が深い。大学時代からの親友だった故・収納宏紀とは材木町の彼の実家に宿泊した。私の恩師である二木雄策・神戸大学名誉教授の出身地は金沢市。私がハノイ在住中の1998年から友人であるハノイ外国語大学卒業のベトナム人・ラム=ミー=リンさんが日本企業に就職したのは金沢市の会社。

山崎豊子『白い巨頭』では、金沢大学医学部の菊川教授が財前助教授の対立候補となった。田宮二郎版のテレビ番組で佃講師らが訪問する金沢市の描写は印象深い。

Cimg6323
上の写真は、ひがし茶屋街。古くからの城下町の雰囲気を残している。その前には近江町市場(いちば)で新鮮ネタの寿司店で食事した。

Cimg6335

兼六園のライトアップの写真。雨中に泉鏡花にちなんだフルートの生演奏があった。幻想的な雰囲気は、泉鏡花の世界に似つかわしいと思われた。

Cimg6366

上記は、2012年11月18日(日)、第4回泉鏡花記念金沢戯曲大賞の受賞式の写真である。金沢市市長(左側)から中空ようい氏(右側)の表彰の風景は、赤のスカートの中空氏の斬新なイメージが、作品の鮮烈なアピール度を誇らしげに示しているようであった。

中空氏の戯曲=脚本は、普通は難解のように思われるが、それは奥深い多様な意味が込められているためである。幅広い思想の絡み合った状況が作品の世界観となっていることも理解できた。公演を見てから脚本を読むと、その奥行きと幅広さが感嘆とともに実感できる。なるほと「大賞」受賞作であると納得できた。

|

« 泉鏡花記念金沢戯曲大賞・囮を見る | トップページ | ベトナム・ズン首相:国会で退任を迫られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/47867719

この記事へのトラックバック一覧です: 泉鏡花記念金沢戯曲大賞・囮を見る(続):

« 泉鏡花記念金沢戯曲大賞・囮を見る | トップページ | ベトナム・ズン首相:国会で退任を迫られる »