« 名古屋に出張:中部大学校友会での座談会 | トップページ | 新興国の成長に限界:ベトナムの場合は・・・ »

2012年10月 9日 (火)

ミャンマーについて勉強しています

岩井コスモ証券の「上田義朗の週刊ベトナムレポート」では、ミャンマーについて何回か記事を掲載しています。

参照 http://www.iwaicosmo.co.jp/investment/report_vietnam/

ベトナムに1994年、2001年にラオス、そして2003年にカンボジアと私は関心領域を拡大してきましたが、ミャンマーには1998年に初めて訪問し、その後の2001年に再訪問しただけでした。

ミャンマーまで手を広げるのはちょっと・・・と躊躇していましたが、私の周囲の情勢はミャンマーの知識も不可欠になっているようです。こうなると、東南アジア諸国の後発国といわれるCLMV4カ国をすべてカバーするという意欲も出てきました。

現在、ミャンマーの経済成長に関する私見は、潜在力は豊富だが、時間がかかるということです。円高の今、資金的な余力のある今、海外に布石を打つことを考える中小企業にとって、ミャンマーは時間がかかると思います。

1998年当時に見学させていただいた三井物産が建設したミンガラドン工業団地が今も健在なら、今からの中小企業の進出も容易だったでしょうが、残念ながらその後に三井物産は撤退してしまいました。

いずれにせよ、現在の私は「座学」中ですが、年内にはミャンマー訪問を実現したいと思います。

|

« 名古屋に出張:中部大学校友会での座談会 | トップページ | 新興国の成長に限界:ベトナムの場合は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/47390666

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーについて勉強しています:

« 名古屋に出張:中部大学校友会での座談会 | トップページ | 新興国の成長に限界:ベトナムの場合は・・・ »