« 数百円のマーカーが1万円で売れる | トップページ | しっかり勉強しろよ、コノヤローのバカヤロー »

2012年10月12日 (金)

映画『アウトレイジ・ビヨンド』を見る

夕方から映画『アウトレイジ・ビヨンド』を見た。北野たけし監督・出演でベネチア国際映画祭の出場作品である。

この映画が国際的な映画祭に出品される意味が不明である。やくざ映画なら、深作欣二監督の不朽の名作「仁義なき戦い」がある。また故・佐分利信が主演した「日本の黒幕」シリーズも何回も見た。それを本作が上回るのだろうか。警察とやくざの癒着を深く描いている点では新しいのかもしれないが・・・。

この映画、確かに面白く痛快であったが、基本的に「柄の悪い」映画であり、あまり子どもや青少年には見せられない。また、拳銃の乱射が現実の日本であるという誤解を世界に与えることもあるだろう。

とは言うものの、映画を見終わると、かつてのやくざ映画と同様に歩き方や目つきに変化がある自分が面白い。西田敏行の親分の風格も注目されるし、神山繁の大阪弁は初めて聞いたような気がする。

娯楽作品として合格だと思うが、ベネチア国際映画祭での受賞となると、ちょっと勘弁してほしいというのが日本人としての正直な気持ちである。

予告編:http://www.youtube.com/watch?v=ha_6-xS3WwE

|

« 数百円のマーカーが1万円で売れる | トップページ | しっかり勉強しろよ、コノヤローのバカヤロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/47428042

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『アウトレイジ・ビヨンド』を見る:

» 映画「アウトレイジ ビヨンド」良くまとまった印象でだからこそ物足りない [soramove]
「アウトレイジ ビヨンド」★★★ ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、 松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文出演 北野武監督、 112分、2012年10月6日(公開) 日本,ワーナー・ブラザース (原題/原作:アウトレイジ ビヨンド) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 北野武監督16作目にして初の快挙、 初登場... [続きを読む]

受信: 2012年10月26日 (金) 07時28分

« 数百円のマーカーが1万円で売れる | トップページ | しっかり勉強しろよ、コノヤローのバカヤロー »