« ベトナム経済の不運を好機に転じる | トップページ | ベトナム南部・カントー市にご一緒しませんか? »

2012年10月26日 (金)

喜んで顧客がお金を払う

昨日の2年生のゼミで、企業経営の目標が「価値創造」または「顧客の創造」という議論をした。

なぜ企業経営の目標が「利益の追求」ではいけないのか?

ある学生が、「利益の追求」では直接的過ぎるという意見を述べた。あまりの露骨さは、顧客から嫌われるという理由である。

顧客が喜んでお金を払ってこそ、企業の利益は当然視される。顧客はリピーターとなり、長期的な信頼関係は企業の「ブランド」となっていく。そうなれば、ますます企業は利益を獲得できる。

企業利益のためには、それなりの準備や仕掛けが必要である。

利益の追求は結果であって、それ自体が目的ではない。それを目的としたら、実際の企業活動の発想・工夫・創意が限定的になると思われる。そのために価値創造といった幅広く奥深い抽象的な概念が目的とされる。

同じ意味で、最も抽象的な企業目標は、「経営理念」とか「社是」というものであろう。そんな無意味なものよりも当面の利益だという指摘があって当然だが、当面の利益だけでは会社の長期的・持続的な成長・発展は望めないであろう。

こんなことを学生に理解してほしかったのだが・・・。

|

« ベトナム経済の不運を好機に転じる | トップページ | ベトナム南部・カントー市にご一緒しませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/47605526

この記事へのトラックバック一覧です: 喜んで顧客がお金を払う:

« ベトナム経済の不運を好機に転じる | トップページ | ベトナム南部・カントー市にご一緒しませんか? »