« ベトナム・ハノイ近郊の温泉 | トップページ | ハノイ温泉リゾートの別荘 »

2012年9月 3日 (月)

ベトナム人に「金魚」を指導する

温泉リゾートの社長とホテル支配人と一緒に酒盛りをした。ベトナム人も日本人同様に「酒盛り」は大好きである。

ここで日本から持参した「いいちこ」を皆さんに振る舞ったが、度数の強い酒が好きなベトナム人には、あっさりした麦焼酎は少々もの足らないという反応を私は感じた。

P1030753_2
ここで盛り上がるために、唐辛子と大葉を焼酎に入れた「金魚」を飲んでもらうことにした。大葉がないので、ベトナムで普通に見かける葉っぱを利用した。

こういったお酒の飲み方についても、日本からの技術移転が可能ではないか? ベトナム産の焼酎であるネップモイやルアモイを利用して、ベトナム独特のカクテルを作ることもできる。そうなれば高付加価値をつけることができるので価格も高くできる。

製造業のみならず、サービス業についても、その内容に関する品質改善・高付加価値化の余地はベトナムでは十分に存在する。そこに日本企業の出番があると思われる。

|

« ベトナム・ハノイ近郊の温泉 | トップページ | ハノイ温泉リゾートの別荘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/47015546

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム人に「金魚」を指導する:

« ベトナム・ハノイ近郊の温泉 | トップページ | ハノイ温泉リゾートの別荘 »