« ビンディン省投資セミナーの補遺:「虎の穴」の勧め | トップページ | アジア経営学会第19回全国大会:理事会に出席 »

2012年9月21日 (金)

講義が始まる:就活に向けた「自分磨き」

9月21日(金)から後期の講義が始まった。

この日は3年生の研究演習(=ゼミ)だけである。全員の顔合わせをして、今後の方針について相談した。

本格的な就活の開始まで数ヶ月であるから、学生も自覚をもって当然である。10人いれば、3人が就職できない現状である。

この時期にアルバイトをする学生がいるのだが、それよりも今なすべきことがあると私は思う。要するに「自分磨き」である。

アルバイトから脱しきれない学生に対して、「そのアルバイト先の店長にでもオーナーにでも、大学卒業後は正社員にしてくれるか質問しなさい」と私は言っている。そうであるなら、アルバイトに精を出すことも意味があるが、そうでなければ、自分の就職のためになすべきことを最優先に考えるべきであると思う。

その「なすべきこと」がわからない場合、大学の教職員に率直に相談すればよい。説教じみた耳障りなことを聞かされるのが嫌という学生もいるが、それは「子ども気分」が抜けていない証拠である。その克服から始める。これが就職活動の第一歩であると思う。

|

« ビンディン省投資セミナーの補遺:「虎の穴」の勧め | トップページ | アジア経営学会第19回全国大会:理事会に出席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/47283437

この記事へのトラックバック一覧です: 講義が始まる:就活に向けた「自分磨き」:

« ビンディン省投資セミナーの補遺:「虎の穴」の勧め | トップページ | アジア経営学会第19回全国大会:理事会に出席 »