« 国際都市・ソウルで感心したり驚いたり | トップページ | 韓国のお土産はロッテマートで »

2012年8月24日 (金)

韓国でベトナムのフォーを食べる

ソウル駅の中に麺類のカウンター店がある。日本の「エビ天うどん」やベトナムの「フォー」など各国のメニューがそろっている。

このベトナムのフォーなかなか美味しかった。米粉麺は細麺でベトナムでは「フォー」ではなく、「ミエン」と呼ばれるのではないかと思った。しかしスープはOKである。ニンニクのスライスがさりげなく入れてあり、なかなか奥深い味となっている。

P1030626
本来、フォーにニンニクは入れないが、ニンニク片をお酢に漬けた調味料をお好みでフォーに入れる場合がある。この店のスープはこんな味である。

ベトナム料理の味を引き出すためにニンニクの使用は重要だが、日本ではニンニクの臭いが敬遠されることが多いと思われる。(もっとも以前に訪問した高知では、カツオのタタキに生ニンニクは普通だったが・・・)

この意味で、ベトナムの味を再現できる国は、ニンニク使用が当然の韓国が日本よりも適当ではないか。これは仮説である。それを検証するためには、より時間をかけて韓国のベトナム料理店を食べ歩かなければならない。

ベトナム料理が日本で普及する過程と韓国で普及する過程を比較する中から、日本と韓国の社会文化研究や、ベトナムと両国との国際関係の比較研究が可能かもしれない。こういう研究は楽しいに違いない。

|

« 国際都市・ソウルで感心したり驚いたり | トップページ | 韓国のお土産はロッテマートで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国でベトナムのフォーを食べる:

« 国際都市・ソウルで感心したり驚いたり | トップページ | 韓国のお土産はロッテマートで »