« ハノイのどら焼き | トップページ | 竹島について韓国の主張 »

2012年8月31日 (金)

ベトナムの牛乳消費が拡大

ハノイ郊外に牛乳のお店が並んでいるのを見た。これは発見だ。それだけベトナムで牛乳が普及している証拠である。

P1030775
ベトナムニュース(Viet Nam News, Friday August 31, 2012)によれば、ベトナムの乳製品会社の市場占有率をめぐる競争が激しくなっている。乳製品の国内市場規模は約30億米ドルと推定されている。

すでに次のような国内外の会社がある。ヴィナミルク(Vinamilk)、フライズランドカンピナ(FrieslandCampina)、バヴィ(Ba Vi)、モックチャウ(Moc Chau)、ダラット(Da Lat)、ロンタイン(Long Thanh)。

しかし TH True Milk は大成功しており、 9,800万ドルの収益があり、フレッシュミルク市場の33%を占めており、2017年には50%に達すると予想されている。

以上のように乳製品業界のリーダーはビナミルクであるが、その地位を脅かすような企業が出現している。

なお、市場リーダーであるビナミルクは、国内のコンデンスミルク市場の80%、ヨーグルト市場の90%、加工ミルク市場の50%、フレッシュミルク市場の25%を占めている。

農業農村開発省によれば、ベトナムのフレッシュミルク生産は国内需要の22~25%にしか達していないので、今後の発展の潜在力は大きい。

牛乳の普及によってベトナム人の体力が増強されることで、おそらく近々にはオリンピック大会でもメダル獲得者が増加するであろう。まさに日本の歴史がその通りであった。

|

« ハノイのどら焼き | トップページ | 竹島について韓国の主張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/46906508

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの牛乳消費が拡大:

« ハノイのどら焼き | トップページ | 竹島について韓国の主張 »