« ビンディン省・省都クイニョン(10):ニョンホイ経済地区 | トップページ | ビンディン省・省都クイニョン(11):ニョンホイ経済地区 »

2012年8月15日 (水)

東アジアの平和と安定に貢献する

8月15日、終戦記念日を日本で迎えるのは久しぶりである。最近は、ほとんど海外に滞在していたように思う。

さて、韓国の李明博大統領が、島根県の竹島を訪問した。また、その後に天皇の訪韓についても発言した。

韓国が実効支配している竹島に対して大統領が訪問することは、ある意味で想定の範囲内である。しかし天皇の訪韓についての言及は、外交上、極めて非礼である。日本のみならず、国際的な批判は免れない。韓国側も、大統領発言の真意を訂正説明しているようだが、発言それ自体が映像で放映されたのだから、弁明の余地はない。

「知日派」と言われていた李明博大統領が、このような異例の行動や発言をする背景には、従軍慰安婦に対する日本政府の無視・無関心に対する苛立ちや憤りがあるという解釈がある。これを私は理解できる。日本に対する期待が強いほど、その期待を裏切られた憎しみや怒りや失望が強くなる。

一人一人の人権を大事にすることが人類の進歩の到達点であり、それが人類の普遍的な価値であるとすれば、従軍慰安婦の存在は、それが1人であっても許されるものではない。実際、それを証明する女性が勇気をもって証言もしている。

このように大統領が考えたとすれば、それを理解しない日本政府に対して大統領が個人として「キレル」のはわからないでもない。ただし政治的な大統領としての立場なら冷静に対応することが最善策である。しかし現在の李明博氏が、大統領の任期満了直前であるとすれば、大統領よりも個人の心情が優先したとしても不思議でない。

竹島の領土問題については、これまでにも歴史的・学術的・法律的な議論がなされている。日本の主張は韓国のみならず海外に、そして何よりも日本に積極的に発信されるべきである。当然、韓国側からの反論もあるだろうが、それに対する日本側の再反論も当然である。

これらの論争の舞台が、国際司法裁判所にすることが難しければ、その国際的な舞台を日本が設定すればよい。そういった舞台を設定できるかどうか。これが日本の外交力の試金石である。その論争の勝敗は、おそらく自然に明らかになるであろうが、その適当なタイミングで政治的な解決をすればよい。

東アジアの平和と安定のために日本と韓国は何をすればよいか。個人的な感情ではなく、政治的な冷静さが求められている。それが政治家の要件であろう。

この観点から言えば、日本政府も政権末期的な状態であり、韓国の政治状況と近似している。政治家が政治家の立場を忘れて、個人的な心情を優先させることがあるかもしれない。そうなれば、感情論となり、対立は加熱する一方になることが懸念される。

|

« ビンディン省・省都クイニョン(10):ニョンホイ経済地区 | トップページ | ビンディン省・省都クイニョン(11):ニョンホイ経済地区 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東アジアの平和と安定に貢献する:

« ビンディン省・省都クイニョン(10):ニョンホイ経済地区 | トップページ | ビンディン省・省都クイニョン(11):ニョンホイ経済地区 »