« 夜から東京出張 | トップページ | 東京スカイツリーを見た »

2012年7月18日 (水)

ジェネシス計画とは?

東京のJICE(財団法人・日本国際協力センター)が実施する「21世紀東アジア青少年大交流計画」は、ジェネシス計画:JENESYS Program(Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths) と英語表記されている。

その「定義」によれば、2007年1月に開催された第2回東アジア首脳会議(EAS)において、日本政府により提唱された事業で、大規模な青少年交流を通じてアジアの強固な連携にしっかりとした土台を与えるという観点から、EAS参加国(ASEAN、中国、韓国、インド、豪州、ニュージーランド)を中心に、2007年から5年間、毎年6,000人程度の青少年を日本に招へいし、相互理解と友好関係の促進を目的とした交流プログラムを実施するものです。
(引用:2011年度メコン5か国官民協力・連携関係者訪日団「報告書」(2011年11月4日~2011年11月11日)、2012年2月、財団法人・日本国際協力センター、1頁)。

今回は、ラオスの各省庁や商工会義所の若手メンバーが来日し、日本企業や日本文化について学ぶことが内容となっている。それ以外にも高校生の交流なども実施されており、幅広い国際交流の場を提供している。

日本初訪問で体調を崩す研修生もいたそうだが、総じて好奇心旺盛で元気な研修生という印象を受けた。

7月初旬のMBAコース受講のラオス人と比較すれば、やはり遠隔講義で実施したMBAコースの受講生がノビノビしていた。それはそうであろう。彼らには、来日の緊張感とは無縁だからである。

今回の研修生の有意義な研修成果を期待したい。

|

« 夜から東京出張 | トップページ | 東京スカイツリーを見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/46414683

この記事へのトラックバック一覧です: ジェネシス計画とは?:

« 夜から東京出張 | トップページ | 東京スカイツリーを見た »