« 地位や身分や資格を・・・・ | トップページ | 夜から東京出張 »

2012年7月16日 (月)

今日も仕事でした:ちょっと考えたこと

原稿の締め切りが多数あり、祭日は返上である。

仕事を引き受けなければよいのだが、仕事があることは良いに決まっている。昨日のブログの続きを言えば、仕事がなくてもよい地位・身分または資格に私は未だ到達していない。したがって仕事は当然である。

マルクス経済学的に言えば、私は労働者であって資本家ではないと言うことだ。このことを敷衍すれば、現代の資本主義とは労働者が資本家になるための競争社会ではないか。

すべての人々が労働者として生まれ、その中から資本家が生まれる。たとえ最後まで資本家になれなくても、現在は年金という「セーフティーネット」がある。資本家になれなかった大多数の労働者は年金受給という資格を得て、その金額の多寡は別として働かなくても収入を得ることができる。

このように現在の資本主義を考えれば、相続税を増税することが重要である。資本主義社会が競争社会であるとすれば、その競争を強化するためには、すべての人々の競争のスタートが平等・公平でなければならない。そのためには、働かなくても良い身分や地位の固定化につながる相続は好ましくない。

|

« 地位や身分や資格を・・・・ | トップページ | 夜から東京出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/46378248

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も仕事でした:ちょっと考えたこと:

« 地位や身分や資格を・・・・ | トップページ | 夜から東京出張 »