« 大阪の「無葉会」で講演する | トップページ | 補講で「ハゲタカ」を見た »

2012年7月13日 (金)

1年生の基礎ゼミ

大学1年生に対して「基礎ゼミ」が開講されている。金曜日の1時限目に開講である。

4月から今日まで、日本経済新聞・第1面の編集委員のコラム「春秋」を書写し、その後に自分の意見を口頭で全員が述べるという指導をしている。さらに感想のレポートを記述して提出し、それについて添削して返却する。

この仕事、なかなか手間がかかり、面倒なのであるが、学生の文章力や理解力の育成には効果的である。

書写によって、漢字、句読点の打ち方、起承転結に基づく文書構成などを学ぶことができる。その後の意見やコメントの口頭発表では、自分の意見を発表する訓練が目的である。そして翌週にレポートを提出し、自分で文書作成するための練習をする。

このレポートの形式・内容の水準が向上・改善されてきたように思う。こういった教育効果を実感できることは、教員の使命を果たした満足感を味わうことができる貴重な喜ばしい出来事である。1年生の諸兄諸姉に感謝である。

|

« 大阪の「無葉会」で講演する | トップページ | 補講で「ハゲタカ」を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/46340540

この記事へのトラックバック一覧です: 1年生の基礎ゼミ:

» 『〈アウトライン記述法〉でA4一枚の文書がサクサクつくれる本』地蔵重樹 [私の通勤読書メモ]
今回は読書メモではなく、拙著の宣伝です。 この度、日本実業出版社さんから、『〈アウトライン記述法〉でA4一枚の文書がサクサクつくれる本』という本を出版しました。 私にとっては2冊目の商業出版となります。 ライターやコンサルタントなどのプロの世界では普通…... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 09時58分

« 大阪の「無葉会」で講演する | トップページ | 補講で「ハゲタカ」を見た »