« 「見世物」は終わらない!:映画『地獄の英雄』(2・完) | トップページ | カンボジア「KURATA PEPPER」の倉田さん講演 »

2012年6月22日 (金)

男性クールビス=ノーネクタイに対する提言

クールビスでは、ノーネクタイが普通である。

毎日ネクタイを変えるような男性は、ノーネクタイとなると、どうすれば良いのか?

私は、ベトナム人のお土産でネクタイを多数もらっていて、こだわってネクタイを着用している。しかしクールビスでノーネクタイが一般的になれば、その着用頻度は激減である。さらに確かにノーネクタイの方が体感は楽である。

そうなると、男性の首回りが寂しくなる。ネクタイに代わる男性のオシャレが提案されて当然と思われる。この意味で、ちょっと私はオシャレしているつもりである。たとえば男性用のネックレースが注目されて不思議でない。

男性の首回りが注目されることで、ネクタイに代わる男性の自己主張が可能になる。それが支持されないとなれば、最近の男性は協調性を重視する余り、自己アピールに遠慮していると言わざるをえない。

ノーネクタイに対する男性のオシャレはどうするか? 今、試行錯誤の段階であろうか。私が雑誌の編集者なら、こういった企画を考えるのだが・・・。

|

« 「見世物」は終わらない!:映画『地獄の英雄』(2・完) | トップページ | カンボジア「KURATA PEPPER」の倉田さん講演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/45728812

この記事へのトラックバック一覧です: 男性クールビス=ノーネクタイに対する提言:

« 「見世物」は終わらない!:映画『地獄の英雄』(2・完) | トップページ | カンボジア「KURATA PEPPER」の倉田さん講演 »